高い断熱性と自然素材の力に感激
納得して定住できる我が家に

1階はご主人が経営する会社のオフィス、2階は家族の住居部分となっているN様邸。N様ご家族は2017年末に、それまで住んでいたこの敷地で「0宣言の家」に建て替えを行った。
元々「家」が好きで、モデルルームや住宅雑誌を見ることが大好きだったという奥様。実は引っ越し魔でもあり、これまで住んだ家は16軒にもなるという。「0宣言の家」を知ったきっかけは書店で手に取った書籍「神様が宿る家」だった。この本をご夫婦で読破し住宅業界の現状に衝撃を受けたという。その後、同書の著者である澤田升男氏のセミナーに参加をして、これまで住んでいた家がいかに体に悪かったか、どうして16回も引っ越しをしたくなるほど居心地が悪かったのか、納得ができたのだという。「それがわかると澤田先生にお願いすることしか考えられなかったです」と奥様。
初めての打ち合わせで、好きな外観のイメージ画像をご主人が見せたところ、それが澤田氏が建てた家だったことがわかり、互いに縁も感じたという。そんな経緯でN様邸は澤田氏がプロデュースと設計を担当した。

キッチンの熱源はラジエントヒーター。水道水はZERO1フィルターを取り付けてろ過するので、飲み水やお風呂にも安心

2人の子どもたちのために、2部屋を用意。ベッド代わりのロフトが楽しそう。スペイン漆喰やヒノキの無垢材のおかげで、子どもたちの体質も改善

脱衣室には洗面所を置かず収納スペースを充実させた。その方が家事効率がいいそう

1階オフィスのトイレはタンクレスを採用。来客やスタッフのために広く使いやすい空間に

2階居住空間のトイレ。ペーパーホルダーなどの小物もアンティーク風にこだわった

1階のオフィス横にあるのは商談室兼、ミーティングルーム。通りに面した明るい空間で、奥様がセレクトしたヨーロピアンなアンティークの家具やインテリアが映えている。梁や建具は2階と同様の濃いブラウンで統一し、家全体に統一感を持たせている

「スタッフにも最善の空気環境を」とオフィスももちろん、すべて「0宣言の家」の仕様で施工。健康的で落ち着いた雰囲気の職場だ

エントランスのたたきにはテラコッタタイルを採用。シューズボックスの他、シュークロークも設けたことで収納力抜群

バスルームの壁は無垢のレッドシダーを採用。窓を大きくとっているので解放感も抜群

キッチンの薄いグレーのアンティークタイル。澤田氏の提案によるもので、奥様も「これにしてよかった」とお気に入り

階段の手すりは手に収まりやすい八角形に刻まれている。「大工さんの手仕事に感激です」と奥様

照明器具などインテリアは主に奥様が選んできたものを施工。アンティーク風で統一した

この家に住むまでは、長男の背中には原因不明の湿疹が出ており、長女は喘息気味で一晩中咳が止まらないこともあったが、新居に住み始めてから2人の体質と体調に、徐々に改善がみられたという。
そのためご夫婦は、住環境による体への影響がいかに大きいかを実感。奥様は家ばかりではなく、食事にも気を配り、添加物の少ない食品を選び、水道水も「0宣言の家」が推奨している浄水器「ZERO1フィルター」を取り付けて、塩素を除去しミネラル成分豊富な水にするなど、食の安全性にも配慮。家族の健康を守っている。
「家についての不満はまったくありません」と言い切るご主人。「住居だけでなく日本の学校や保育園も『0宣言の家』になってくれたら、みんなが健やかに暮らせるのに」と奥様もその思いを語ってくれた。

HOUSE DATA

□敷地面積

204.62㎡ (61.9坪)

□延床面積

198.11㎡(59.93坪)

□工期

5カ月

□家族構成

ご夫婦+子ども2人

□構造

木造在来軸組工法

□断熱

[クアトロ断熱]
内断熱(充填):セルローズファイバー
外断熱:ネオポール
遮熱塗り壁材:セレクト・リフレックス
調湿効果内壁:スペイン漆喰

□屋根材

シート防水工法

□外装材

アクリル系樹脂塗装剤(カーサビータ)

□床材

ヒノキ(愛工房)

□内装材

スペイン漆喰

Scroll Up