現し梁や吹き抜けで開放感を高めたゆとりを感じる平屋建ての暮らし

東広島市黒瀬町/N様邸

「一軒家を持ちたい」と考えていたN様。子どもたちが独立して夫婦二人暮らしになったときのことを考えて、平屋建てを希望していた。希望通りの土地が見つかり、家の施工を依頼する会社を選ぶにあたって、N様が理想の家の姿として思い描いていたのは無垢材や漆喰壁の家。鼻炎に悩まされていたお子さんの健康を気遣ってのことだった。本やインターネットで探したり、モデルハウスを見学するなどした結果、たどり着いたのが小田原ハウジング。現場から近く、社長の人柄に魅力を感じていたところ、「0宣言の家」のことを耳にし、構造見学会に参加。「モデルハウスで見た他社の家に比べてしっかりつくられているなと感じました。特にクアトロ断熱が一番の決め手になりましたね」とN様。澤田氏の書籍を読み、セミナーにも参加して正式に施工を依頼した。

間取りは、同社のモデルハウスを基にしながら、望む間取りをN様自ら平面図に描き、パンフレットや写真などを提示してイメージを具体的に伝えた。奥様は、特にスムーズな家事動線や効率的なキッチン収納にこだわったという。

広い敷地に余裕をもたせて建てた平屋の家。漆喰壁の白と木目のコントラストが美しい。明り取りの窓を確保することで、アクセントを加えたような屋根の形状に

玄関は深い軒のおかげで雨天でも雨風が吹き込みにくく、駐車スペースから玄関まで移動する際もほとんど濡れずに済む

念願の現し梁が天井に渡されたLDK。ケヤキの一枚板でつくられたダイニングテーブルは、岡山の木材店まで足を運び、材木を自らが選びました

リビングの延長感覚で使える和室。ゲストルームとして使えるよう、玄関側にもドアを設けました

職人がコテを巧みに操って壁に描いた竹。敷地横には竹林もあり、そのイメージとも合っています

左側の棚を引き出して作業台として使えるなど、キッチン背面の造作収納家具は実に機能的な造り。洗面脱衣室とキッチンの仕切り壁にはチェッカーガラスの小窓を開口しています

「仕切りのない独立型に」と要望したキッチン。手元が隠れるようカウンターを高くし、内側をニッチにして収納に活用。開放感をもたせるため、吊り戸棚は設けていません

完成した家は、実に機能的かつ快適。平屋建てながら玄関は吹き抜けで天井も高いため開放感たっぷり。キッチンから洗面脱衣室や浴室など水まわりの動線のスムーズさにも満足のご様子。奥さまの一番のこだわりが反映されたキッチンまわりは、雑然とした感じに見えないよう、あらゆるものがすべて収納できる設計に。電磁波の影響を避けるべく導入したラジエントヒーターも、余熱の活用などで結果的には経済的にもプラスに働いたという。「以前はしょっちゅう鼻をかんでいた」というお子さんの症状がほとんど消えたことも、N様夫婦にとっては喜ばしいことだった。夏はエアコン1台で涼しくすごせ、「外に出たくないほど気持ちいいんです」とクアトロ断熱の快適性を実感。楽しみながら家づくりをやり遂げたN様の満足感が、ひしひしと伝わってくるようだった。

リビングまでまっすぐ見渡せ、ゆったりとした開放感がある玄関ホール。左手には大容量のシューズクローク

直径約30cmを誇るヒノキの大黒丸太柱はご主人のこだわり。吹き抜けの玄関に圧倒的な存在感

天井の高い子ども部屋。ベッドを置いたロフトは、大人も立てるほど充分な高さがあります

マリンランプやいかりのイラスト入りカーテンなど、海をモチーフにしたトイレ

断熱性と調湿性、遮音性をもつセルロースファイバーの力を特に実感するという寝室。豪雨でなければ雨が降っていることすらわからないほど遮音性が高い

家事テーブルも設けられた、ゆとりある洗面脱衣室。冬季や花粉症のシーズンは室内干しが欠かせないため、ここにも浴室暖房乾燥機を配置している

HOUSE DATA

□敷地面積

496.31㎡(150.13坪)

□延床面積

132.50㎡(40.08坪)

□工期

5カ月

□家族構成

ご夫婦+子ども2人

□構造

木造在来軸組パネル工法

□断熱

[クアトロ断熱]
内断熱(充填):セルローズファイバー
外断熱:ネオポール
遮熱塗り壁材:セレクト・リフレックス
調湿効果内壁:スペイン漆喰

□屋根材

平瓦

□外装材

遮熱塗り壁材(セレクト・リフレックス)
レッドシダー

□床材

パイン材

□内装材

スペイン漆喰、パイン材

Scroll Up