小田原ハウジングの家づくり

CONCEPT

Environment -環境-
「自然の科学力」

自然の科学力、生体エネルギーとは、
健康を増幅させる住まいを実現できる科学技術です。

古くから農業の土壌改良に使われてきた技術を住宅に応用。生体エネルギー資材を基礎コンクリートや塗り壁材に使用することにより、人体に悪影響を与える原因物質のマイナス作用が起きないよう室内環境をコントロールします。生体エネルギー活用住宅の特徴には、汚れがつきにくく、においやホコリ、カビなどが発生しにくいことが挙げられます。

・リラックス効果
・体調の改善
・頭がスッキリする
・アトピーや、アレルギー反応が抑えられる

「同化力」の操作


物質同士の引きつけ合う力が同化力です。
例えば水は、水素原子2つと酸素原子1つで出来ています。
しかし、この2つの原子のくっつき方、並び方が違っていたとしたら、成分上は同じ水素と酸素であってもその働きはまるで違うものになるでしょう。
生体エネルギー技術は、この「同化力」を目的に合わせて操作することに成功。
良い作用はより良く働くように、悪い作用はその働きが起きないように、成分のくっつき方、並び方を変更可能にしたのです。

通常コンクリートは生成してから徐々に水分が揮発するため、固まる際に重量が減っていきますが、「貴水」を入れてコンクリートの塊をつくると、その同化力で水分の揮発を抑え、普通の水を入れたものに比べて5%程重くなります。
お互いに引きつけ合う力によって密度が高まれば、当然、基礎が強固になり、ひび割れなども起こりにくくなります。

地盤の上に「守理」をまくと、地盤の表面から地中奥深くへ向かってバラバラだった土の粒が順番に整列していくのです。水は1000分の3ミリ〜1000分の5ミリのすき間があってようやく流れていきます。
等間隔できれいに整列した地盤ができれば、自然の雨露が地球のエネルギーを吸い上げて家を丈夫にしてくれる。生体エネルギーが、地震や台風に強い基礎の利点をさらに伸ばしてくれるのです。

抗酸化作用


活性酸素は人間にとって毒となると考えられています。
生体エネルギー技術を使った壁・床・天井から放射されるエネルギーが室内の活性酸素を防ぐ(酸素と結合した悪い空気を引き離す)ことが、実験データなどにより判明しています。

ある歯科クリニックでは、予約の患者さんが待たされても不満を口にしなくなりました。
老人ホームでは独特のにおいもなく、入所された方が元気になると評判になり、今では全国の同業者が学びに来るほどだそうです。
焼却施設では、ほかの同機型と比較して、焼却効率が1.5倍、焼却後に残る灰の量が3分の1と、驚異的な数字です。
また、快適な環境により集中力が上がり、成績が伸びる子供達も増えているといいます。
その成果が認められ、現在では学習塾等の建築でも、生体エネルギー技術が導入されています。

爽やかな空気で満たされた室内は、まるで森林浴をしているよう。もちろん生ゴミやペットの臭いなどもしません。
漂うのは、木のいい香りだけです。

小田原ハウジングでは、この生体エネルギーを標準仕様としています。

Performance -性能-
「ドイツ生まれの高断熱材」

壁の内部にはセルロースファイバーを隙間無くパンパンに詰め込んでいきます。しかしそれでは、躯体自身を結露や温度差から守る事は出来ません。当社は充填断熱プラス、外張り断熱を標準として採用しています。

外張り断熱〜ドイツ生まれの高断熱材ネオポール〜

小田原ハウジングが使用する外断熱材は、従来の真っ白EPSボードではなくグレー色したネオポールです。
特殊なカーボンを練り込んでいて、それが鏡のように熱線を反射することで、断熱効果を高め建物からの熱の損失を防ぎます。また、地球のオゾン層を破壊するフロンを含まないため環境にもやさしく あの上海万博にも使用されたというドイツの ハイテク技術の断熱材です。もとになっているEPS断熱パネルは南極の昭和基地に採用され、 40年後の断熱効果試験でもほとんど劣化が見られなかった優秀な素材です。そのEPSパネルよりも、 断熱性能でいうと約1.3倍の性能を持つ、ネオポールを、外張り断熱に採用し、躯体そのものを守っています。

●割れに強い
EPSは断熱に優れ、塗り壁のクラック(ひび割れ)や剥離を防ぎます。
また、サイディングは重さがあるので、それを支えるため、サイディング、胴縁、断熱材を構造体まで貫通する長いビスが施工上必要になりますが、EPSの場合、サイディングと違い軽いので自重で垂れないことから必要ありません。その為、建物にも負担がかからず、長期間良い状態を保ち、メンテナンスが楽です。また逆に素材が曲がることを利用し、壁にカーブをつけるなどのデザイン等が容易になりますのでデザインの幅が広がります。

● 省エネ効果
夏の熱気や冬の冷気が入る前に建物をまるごと外気から遮断する外断熱。
建物が外気温に左右されにくく、室内温度がほぼ一定に保たれます。
それゆえ冷暖房の省エネルギー化により光熱費を削減できます。

● 低コストを実現
一般的にオプションになったりと高価なイメージのある通常の外断熱乾式工法に比べ、性能も良く、軽量せ作業効率の高いEPSを使用した
外断熱工法により、必要なコストえお大幅に削減できます。
ビーズ法ポリスチレンフォームは「Expended Poly-Styrene」の頭文字をとって「EPS」と呼ばれており、ドイツで生まれた代表的な発砲プラスチック系の断熱材です。

● 結露防止効果
EPSは、雨水を通さず空気は通すので、建物の寿命を縮める大きな原因の内部結露を防ぎ、シックハウスの原因となるカビ・ダニの発生する
要因を減少させ、柱などの構造も湿気を帯びにくいため、湿気を好むシロアリの住みにくい環境を作り、建物が長持ちします。
また、一般的な内断熱在として使われているグラスウールなどのように、湿気により吸水・垂下しないので、断熱性能の経年劣化は少なくてすみます。

● 高い安全性
パネル自体が燃焼を継続しない性質(自己消火性)を持ちます。
構造一体で国土交通省の防火構造30分認定を取得しています。(準耐火45分申請中)
またEPS断熱材は、炭化水素系発泡剤を使用して発砲成形される発砲プラスチックです。発泡成形後のEPSは、気泡の内部が空気に置換されて安定します。気泡内部が空気であるため、代替フロンなどを使用する断熱材に比べてオゾン層を破壊せず、地球温暖化係数が小さいとされている発泡剤を使用する、環境保全に配慮した発砲プラスチック断熱材です。

Scroll Up