本物だけがアンティークになれる

小田原ハウジングの建てる家は、柱や梁は勿論、仕上げ材、屋根の下地一枚一枚、全て天然の無垢材を使用しております。

IMG_2252IMG_2253

 

 

 

 

 

 

DSCF8930 DSCN7327

 

 

 

 

 

 

 

一般的には、柱や梁に集成材、床の下地や屋根下地には構造用合板、仕上げ材にはベニヤや集成材を使う所がほとんどです。

大量生産ができたり、割れがない、狂わない等の利点もありますが、化学物質の入った接着剤が大量に使われており、健康面から絶対お薦めできない事と、接着剤の剥離も早く耐久性にも問題が出てきており、湿気の多いところであれば、合板の腐敗も早く、今後は屋根の瓦を葺き替えるより、屋根の下地の合板をやりかえる工事が増えてくるとも言われております。

その点、天然無垢材は1300年の歴史を誇る法隆寺を筆頭に神社仏閣などがその強さを証明しております。

耐火に関しては、木は燃えやすいと誤解を受けているところもありますが、そう簡単には燃えません。

木の表面がある程度燃えると黒く炭化した層ができます。この炭化層が酸素を運びにくくするため、中まで燃えるのには時間がかかります。

また、弊社では外周面をホウ酸処理いたしますのでさらに燃えにくくなっております。

以上の点からも家を長持ちさせるためには何を使ったらよいか明白ですよね。

「本物だけがアンティークになれる。」

大好きな言葉です。私たちは、この先もずーっと本物をつくり続けていきます。

Scroll Up