0宣言の家の光熱費は‥

庭に雑草が生い茂り、草むしりに追われる季節となりました。

雑草以外の草木も元気そうなので良しとします。

かねてから置きたかった睡蓮鉢に、岡田左官さんからもらったメダカを入れ大満足です。

窓から出た足は長男のです。

image

夕立が降りそうな夕方の0宣言のわが家のリビングです。

ひさしが深いので夏はあまり陽射しが入りませんが、少し薄暗いくらいが涼しく感じて良いです。

以前のアパートでは、梅雨時の食卓で湿度80パーセント越えは当たり前でしたが、

今の家に引っ越してから79パーセントより上の数字は見たことがありません。

風もよく通るので、いまだリビングにエアコンをつけていません。

猛暑日の夜だけ、寝室に寝る前1時間だけ冷房をつけるくらいです。

もちろん24時間換気は必要ないのでつけていませんし、

光熱費が驚くほど安くなりました!

18坪のアパートに住んでいたとき、梅雨入りから9月にかけては1万円超えていた電気代が、6月15日からの1ヶ月分で4600円くらいです。

その前の月は3700円くらいでした。

ガス代(給湯とコンロ)が5000円〜6000円くらいで、

上下水道が2ヶ月分で4200円くらいなので、

春と秋は電気・ガス・水道あわせて1万円くらいでいけるようです。

1軒家の4人家族の電気代としてはかなり安いのでは⁉︎

と思います。

これからビルダーを選ぼうという方は、太陽光、高気密、全館空調、第1種換気システム、スマートハウスetc‥よりも、

機械を使わずに快適に過ごせる家、

自然光で明るく、風が吹き抜け、自然に使う電気が少なくなる家を考えてみませんか?

 

 

 

 

Scroll Up