医学と住まい

住医学研究会の顧問で、首都大学東京の名誉教授でもあられる星 旦二医学博士による「医学と住まい」の講演が7月24日(日)13:30~広島YMCA国際文化センター3号館4階にて行われます。

星名誉教授には、先日の住医学研究会の全国大会でも発表して頂いた、「0宣言の家」に住む全国711名のオーナー様にご協力いただいた、健康調査の結果と全国の健康調査の比較をもとに、医学と住まいについてご講演して頂きます。

 

住医学研究会の全国大会で発表して頂いた一部です0001

000200030018

まず、「CASBEE」の比較から

※CASBEE(キャスビー、建築環境総合性能評価システム)2001年に国土交通省が主導し、(財)建築環境・省エネルギー機構内に設置された委員会によって開発された建築物の環境性能評価システムであり、常に改良を重ねている。地球環境・周辺環境にいかに配慮しているか、ランニングコストに無駄がないか、利用者にとって快適か等の性能を客観的に評価・表示するために使われている。評価対象となるのは、日本国内の新築・既存建築物である。なお、建築物の環境性能を評価する制度はアメリカ・イギリスで従来から使われていた

0022

0023

得点が高い方が「良い」ので、全ての項目において全国、大手メーカーを上回っております。

母数が多いので、0.1でも物凄い差であるとの事です。

それをグラフにしたものがこちらです。↓↓0024

赤の波線が「0宣言の家」です。全体に右側に寄っているのがわかります。

 

続いてはこちら。

0027

温度・湿度の差が少ない事が証明されています。

00280029

0030

続いて「0宣言の家」の居住者が健康長寿である事の証明です。

003200340037

 

003800390040

 

0070

 

0071

0018

素晴らしい結果が数値として実証されています。本当にすごい事だと星名誉教授も仰ってました。

これはほんの一部の紹介です。セミナーでは詳しくお話しされると思いますので、お楽しみにして下さい。

オーナーの皆様にも是非聞いて頂きたい内容です!お時間がある方は是非ご参加下さいませ。

申し込みはこちらから

 

最後に先般の健康調査には、多数の小田原ハウジングのオーナー様にもご協力いただきました事、誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

また、小田原ハウジングを信頼して「0宣言の家」を建てて下さったオーナー様には心より感謝申し上げます。

これからも調査を実施していきますので、その節はご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

Scroll Up