無垢の木で作る、家具

せっかく自然素材で家をつくったのに、家具からVOCが出ては意味がない!ということで、

0宣言の家具をご紹介します。

まずは多くの施主様にご注文いただいている、

ダイニングテーブル!

DSCN9025

こちらは4m×1m20cm 厚さ5cmの大きさのタモの一枚板を、

大逸木材という五日市の銘木屋さんで買ってきて制作したものです。

タモは節が少なく木目の美しい材料で、硬く、家具の制作に向いています。

塗装はガラスコーティングをしています。

水や油をはじき、5年程度は塗り直し不要ですが、

こぼしたまま放置すると染みますので、こぼしたら、すばやく拭く!が合言葉です。

 

テレビ台です。

 

DSCN9031

0宣言の家では静電気がおこりにくくほこりが少ないですので、こうして扉のない収納を作ることが多いです。

天板はテーブルと同じタモ、サイドと棚板はヒノキの、「ムクボード」を使用しています。

「ムクボード」とは、わが社とつながりの深い、中国木材の商品で、無垢でありながら狂いが少なく安価なのが特徴です。

作り付けのテレビカウンター。こちらもムクボードです。

DSCN9033

詳しくは、「ムクボード」で検索!

 

子供部屋のベッドです!DSCN9029

ロフトベッドより低く、普通のベッドより高い。この高さがこだわり。

5歳男児が大喜びの、通称、秘密基地!

こちらももちろん、無垢!ホワイトアッシュ、ツガ、ヒノキのムクボードを適材適所で使用しています。

めちゃめちゃ頑丈です。

オーダー時に、「わんぱく坊主が使うので、一番重要なのは丈夫さです」と伝えたのがばっちり反映されています。

これから子供たちが巨大になっても安心です。

 

続いては玄関のベンチ

DSCN9028

ヒノキの一枚板、こちらも大逸木材から買ってきたものです。

もっと皮目のダイナミックな感じが欲しかったのですが、

こちらの板、なんと運悪く虫穴があったそうで…

そこを削って落として、こうなったとのこと。

自然のもので、オーダーである以上、これは仕方ない…

でも品が良く玄関の洗い出しの土間とも良く合って、和風な雰囲気が最高です。

 

玄関からリビングへつながる引き戸、

こちらもオーダーです。

障子紙が入っているように見えますが、透明なアクリル板で和紙をサンドイッチにした、破れない障子です、

ガラスを入れるよりも軽く、壊れにくいのが良いです。

玄関に窓が無い間取りの、どこから光をとりこむか?という問題がここで解決されました。

和紙を通してやわらかい光が入ります。

DSCN9037

こちらも、玄関へ光を入れるための室内窓です。点々と散るもみじは、左官さんが漆喰で作ったものです!

DSCN9035

壁に貼ってあるのは、背もたれとデザインのアクセントにもなっている、桧の浮づくりの一枚板です。使う程に味がでできそうです。

DSCN9036

 

 

私どもがご提供する家具は、大切にすれば、50年でも、100年でも使えるであろう、ヴィンテージを超えアンティークや骨董になり得るものです。

家具も家も、安いものを使い捨てるのか、高いものを大切に使い続けるのか、考え方が分かれるところかもしれませんね。

 

このブログでご紹介した家具たちは全て、

現在公開中のモデルハウス、「山田新町の家」でご覧いただけます。

新築やリフォームだけでなく、家具の注文をお考えの方もぜひお越しください。

 

ご予約は0120-927-793もしくは

HPトップ→OPEN HOUSEお申し込みフォーム

よりどうぞ。

 

 

 

 

Scroll Up