愛工房の杉

小田原ハウジングが屋根の下地に使用している「愛工房の杉」は45℃の低温で乾燥させます。

45℃は、植物が変色しない、”酵素”という成分を壊さない温度だと言われています。

その温度でじっくりと乾燥をさせることにより、杉が本来持っている有効成分を残したまま、余分な水分だ

けを取り除くことができるのです。

 

その贅沢な「愛工房の杉」を使用して、ベットを製作することも可能です。

このベットで寝ると、寝つきが早くなり、ねむりが深くなり、いびきをかかなくなったという方が多くいら っしゃるそうです。 現在、建築中のS様も採用する予定です。

皆様も体感されてみてはいかがでしょうか?

 

 pho01 9995f1b4

Scroll Up