家づくりの基本のき 熱の伝わり方についてご紹介します

「高気密」「高断熱」というのは、家づくりをするうえで必ず聞く言葉です。

0宣言の家は「高気密」にこだわらないということ、その理由は以前ブログでご紹介しましたが、

「高断熱」は0宣言の家でも非常に大切にしています。

なぜ断熱にこだわるかというと、夏涼しく、冬暖かく暮らすためには、気温が外と同じではだめだからです。

エアコンに頼らなくても快適な、昔の土蔵のような家を、従来の壁厚と短い工期で実現すること。そこに注力してあみだされたのが、この「クアトロ断熱工法」です。

0宣言の家の「クアトロ断熱」工法を語るうえで、理解しておかなければならないのは熱の伝わり方です。

熱の伝わり方は3種類

①伝導熱 ものが触れた面から直接伝わる熱のこと。湯たんぽや電気カーペットはこれ。

②対流熱 空気が動くことで、その空気の熱が伝わること。エアコンはこれ。

輻射熱 ものの熱が目に見えない電磁波として伝わる。媒介するもの(空気など)が無くても伝わる。太陽の熱線はこれ(赤外線

これら3種類の熱の伝わりを止めるには、

壁の外側で「遮熱」(③の電磁波による熱の伝わりを止める)してから、外気から伝わる②の熱を断熱し、さらに①の直接伝わる熱を断熱しなければならない、ということになります。

ここまでは普通ですが、クアトロ断熱の壁では、さらにここに「調湿」「透湿」が加わります。

住宅における断熱では、人が心地よいと感じる温湿度が最も大切です。夏は同じ気温でも湿度が低ければ涼しく感じ、冬は乾燥した部屋よりも、湿度が保たれているほうが暖かく感じるのが人間です。湿度の調整も、断熱のうちということです。

この機能を、エアコンなどの機械ではなく壁に持たせてあるところが、このクアトロ断熱の壁の最大の特徴です。


上の図で見ると、

塗り壁材セレクトリフレックスが赤外線をはね返し輻射熱を遮り、対流熱を断熱します。

外断熱材ネオポールが空気の層をつくり伝導熱を断熱し、かつ配合されたカーボンによって跳ね返しきれなかった輻射熱をここで止めます。

内断熱材セルロースファイバー(インサイド・PC社製)は空気の層をつくり伝導熱を断熱すると同時に、家の中の湿度を調湿します。(冬は家の中の暖かさを蓄熱します)※セルロースファイバーには、蓄熱する性質があるため単体で断熱材として使用するのは危険です。遮熱性能のあるものと組み合わせて使用しなければ、夏は暑すぎる家になります)

内壁のモルセムダー(スペイン漆喰)も断熱の一翼を担い、セルロースファイバーが調湿する湿気を、表面の多孔質によって透湿し調湿に貢献します。


一つ一つの材料について詳しくお知りになりたい方は、材料名で検索しても多くの情報が得られますし、もしくは小田原ハウジングまでお問い合わせください。

材料名で検索する方は、屋根断熱に使用する「タープホイル」、外壁の体力面材「モイス」についてもぜひ。どれも機能的な建材です。

これらの建材は、悲しいかなほとんど外国製品です。(アメリカ、ドイツ、スペインから輸入しています)

日本の家の平均寿命は悲しいかな30年程度。欧米諸国に比べ大きく劣ります。最初からスクラップ・アンド・ビルドの考え方でしかないので、長持ちする家を建てるための建材については輸入に頼るしかないという状況です。少子化の進む島国では、継続的な需要を生み出すため仕方ないことなのかもしれませんが、地球規模でのエネルギー問題やCO2削減が叫ばれる中、本当にこのまま流れてよいのか、次の世代のためにひとりひとりが考えなくてはならないときに来ているのではないか、

と子供を持って考えるようになりましたが、皆さんはどうでしょうか。


おまけ

良く晴れた9月10日本日午後3時 外気温30.5度 湿度48%時 0宣言のエアコンなしの建物内はしめきって誰もいなかった状態で27.8度湿度58%でした。体感は、入るとひんやり。

直射日光の当たる南側の外壁の表面温度は39度。となりの新築のサイディングはこっそり💦測ったところ42度でした。

Scroll Up