理想の間取りをつくってみよう

先に理想の間取りをつくってみて、それが実現できるのはどんな土地か考えよう!ということで、

S様とLINEでやりとりしつつ理想の間取りを作成中です。

作業中の画面はこんな感じ。

社長がお高いかしこくて容量の大きなPCを買ってくださったので、おもたーい3D CADもさくさく動くようになりました!

この待ち時間ならば、お客様と対面でお話ししながらその場で間取りをつくっていくことも可能です😊✨

ちなみにその場で作った間取りの中を、扉を開けて歩いてみることも可能✨

ようやく小田原ハウジングにもIT化の波が(遅😭)

そして間取りをつくってみた結果、S様邸は約28坪の平屋で、南側玄関。南向きで約60坪の土地が理想的とわかりました。今からもう少しプランの微調整と、資金計画書の作成をして、予算の把握をやっていきます。

土地購入から注文住宅を建てる時って、意外と焦っていろいろ決めなければならないのです。

それは、土地と家と、1本で住宅ローンを組むためです。土地・家、両方の契約書がないとローンの申し込みができず、ローンが通らなければ土地の決済(お金を払うこと)ができないからです。

土地の売り主さんの気持ちになれば、そりゃ買えるか買えないかわからない方のためにずっと待ち続けるわけにはいかないので、「この日までにローンを通して、お金を確実に払えることを証明してくださいね」という期日を設けますよね。

買いたい人はその日までに、建物を契約してローンを申し込み、承認されなければならないわけです。けど適当に契約はできないので、展示場に行ってハウスメーカーをさがして、ローンをいくらどこで借りるか色々見て、悩んで…なんてやっていたらあっというまに期日をすぎてしまいますよね。

そこで、理想の間取りづくり→資金の把握→ライフプランをたてる→どこでいくら借りるか(金利や条件の把握)まで、あらかじめやっておこう!というわけなのです。

これでいつポロっといい土地が売りに出てもバタバタせずにすみますね。

S様は前回、土地を気に入ってバタバタした結果、結局計画が詰められず土地を流してしまったので、このたび時間があるうちにやっておきましょう。という話になりました。これぞ本当にあった怖い話😱

ちょっとそれ、やってみたいわ!という方、無料ですのでお気軽にご相談ください。(ここから有料!というときはちゃんとお伝えしますのでご安心ください)

あわせて、まだ先だけど~と思っても、完成見学会でいろんなお家を見てアイデアを拾っていってくださいね。

この度の見学会のお家の見どころは、コンパクトでも1階で暮らせる間取り、バリアフリー、太陽光と蓄電池、狭小地で室内に光を取り込む吹抜け、吸音するセルロースファイバーでつくる、格安の簡易防音室etc…

きっと誰が見ても、なにかひとつは拾って帰れる損のない見学会と、自信を持ってお伝えします!!!↓今すぐ予約をどうぞ↓