湿気をためない家

「高気密、高断熱」いまや気密性の高さはあたりまえに住宅に求められるものとなりました。

では、なぜ気密性が高いと良いの?と、そもそもを考えたことのある方は意外と少ないのではないでしょうか。

実は「高気密」が必要とされるのは、「エアコンで家の中の温度をコントロールすることが前提」だからです。

せっかく機械で温めたり冷やしたりした空気を家の中で維持するために、機械以外の部分から給気や排気があっては困るのです。

0宣言の家では、機械に頼りすぎず、家の外壁の断熱と、壁自体が呼吸して調湿してくれることを大切にしています。

昔の、土蔵のような家。夏は涼しく冬は外より暖かい。機械に頼らずとも米や野菜をいれておいても痛みにくい温湿度をつくる壁。

目指すところはそこなのです。土蔵の土壁は幾重にも塗り重ねられた土壁と漆喰でできています。現代の日本では建物を建てる際にさまざまな規制があり、工期も長く、防火認定の取れない土壁の家を街中に新築することは難しい。

そこで澤田先生が考案し、認定を取られたのがこのクアトロ断熱の壁です。

夏の外からの熱はセレクトリフレックスが反射し、ネオポールが断熱します。

逆に冬、内側で暖房した熱はセルローズファイバーが蓄熱し、適度な湿気を吐き出して室内を乾燥させず暖かさを保ってくれる

本当によくできた構造です。1つ1つの材料も一般的なものに比べれば高価で、施工にも非常に手間がかかりますが、室内の快適性を上げることを本気で考えた壁構造です。

一番のポイントは、この壁が「透湿」すること。

ビニールの気密シートで覆われた家では、機械による強制給気または強制排気のみによって空気が動きます。

そうすると換気扇に近い位置の軽い空気は動きやすいですが、湿気を多く含んで重たい空気は動きづらく、湿気がたまりがちになります。高気密をうたうビニールで覆われた家は、湿気をためてしまいやすいのです。

湿気は、人がいれば出ます。私たちはそこにいるだけで常に身体から水分を蒸散し続けていますし、煮炊きをし、お風呂に入るのですから、私たちの生活は常に湿気を出し続けています。ですから、家は絶えずその湿気を逃がす必要があるのです。

湿気はカビをよび、カビはダニを呼ぶ。カビは胞子を出し、ダニの死骸たっぷりの空気を、住む人は毎日吸い続ける事になります。

高気密住宅が増えるほど、アレルギーに悩む子供が増えるのです。

0宣言の家を全国のお医者様達が推奨してくださるのは、「室内空気の良さ(VOCに汚染されていない、カビやダニの死骸がない)」「断熱が良く、部屋間で温度差がないこと(ヒートショックが少なく、身体の血流が良くなる)」この2つが大きなポイントなのです。