夏、涼しい家をつくるには 

答えは、「屋根と壁が 熱を遮り、断ち、ためないこと」(遮熱・断熱・蓄熱しない)

かつ、

「屋内を快適な温湿度に保つため、壁が呼吸していること」(透湿・調湿)

この条件がそろえば、この猛暑でも一日じゅうエアコンをつける必要はありません。

現に今、0宣言の建物である広島officeでこれを書いていますが、本日の天気は快晴 最高気温34度の午後3時、私はエアコンをつけずに扇風機だけでこれを書いています。

「断熱」とよく一言で言いますが、夏涼しい家をつくるには断熱に加え、壁と屋根が「遮熱」し、「蓄熱」しないことが大切です。

皆さんがお住いのお宅は、夜、日が落ちたのにエアコンをつけてもなかなか涼しくならなかったり、寝ているときにエアコンが切れると暑くて起きてしまうということはありませんか? 

それは、家の屋根と壁が、日が沈んだ後も日中の熱を蓄えたままになってしまっているから暑いんです。

この熱を、輻射熱といい、物質間で直接伝わる熱のことを指します。

たとえば夏に洞窟の中に入ると、扉があるわけではないのにひんやりして涼しいですよね。私たちの体に直接、まわりの岸壁の冷たさが伝わるからです。これが輻射熱です。

対して、エアコンは空気を冷やすことで屋内を涼しくしようとするもので、空気を介して私たちの体や家の中を冷やそうとします。これを「対流熱」と言います。

「対流熱」は、空気を介するぶんだけ輻射熱よりも弱く、物質の表面しか冷やすことが出来ません。

だから、冷やし続ける必要があり、エアコンが切れると暑いということになります。

0宣言の家に使用している外壁材は、太陽の赤外線を反射し(遮熱)真夏の直射日光が当たっても表面温度は42度程度までしか上がらず、熱をため込みません。

さらに、2種類の断熱材によってこの熱の室内への進入を断ち切り(断熱)ます。

しかも断熱材に使用するセルロースファイバーと、仕上げの漆喰が屋内の湿度までコントロールします(調湿)

もちろん壁に使われている材料は湿気をため込まず、不要な分はちゃんと屋外へ逃がします(透湿)

これが、「呼吸する壁」

湿気をためないことは、アレルギーの原因となるカビやダニの発生を防ぐ上でも非常に大切です。

0宣言の家の自宅でも、エアコンをあまり使わないので、

電気代は今月は本日時点で5943円、先月は4312円です。一軒家にしては普通よりエアコン使用が少ない分、安いと思いますが、いかがでしょうか。

次回は高気密住宅の重大ねな欠点についてお話しします。