JAL(日本航空)でNDコートが採用されました‼

Seaside&Style PachiPachiでも採用されている抗ウイルス抗菌コーティング『NDコート』がJALでも採用されました。

※以下ニュースより抜粋

JALが、国内の航空会社として、初のウイルス対策に乗り出した。

日本航空が23日に公開したのは、客室への抗ウイルス・抗菌コーティング作業。

このコーティングは、ウイルスを不活性化する効果が長続きするとしていて、その効果は、なんと3年から5年間。

座席やひじ掛け、トイレなど、乗客が手を触れる箇所を中心に行う。

これまで、夜間に消毒作業を行ってきたが、さらなる衛生・清潔性向上のため、国内の航空会社で初めて、抗ウイルスと抗菌コーティングを取り入れた。

機内の換気については、機外から新しい空気を取り入れて、機内で循環。 およそ2分から3分間で、すべての空気が入れ替わるという。

日本航空は、ほとんどの航空機のコーティングを7月中をめどに完了する予定で、今後、国内の空港のすべてのラウンジもコーティングする方針。

塗るだけで長期間抗ウイルス・抗菌する室内塗料『NDコート』はその性能が認められて、すでにさまざまな機関で採用されています。その1つがJAL(日本航空)。
航空機の客室内の座席・肘掛・トイレなどへのコーティングが始まっており、その後は航空のチェックインカウンター、自動手荷物預け機、自動チェック機、搭乗口カウンターなどへのコーティングも決定されています。

また、新型コロナウイルスにも効果があるとされました。
奈良県立医科大学受託研究にて証明書を取得!新型コロナウイルス減少率10分で91.363%
この証明をした奈良県立医科大学医学部感染症学講座 矢野寿一教授によると
新型コロナウイルスだけではなく、変異株にも効果があるとの見解。
「UDD触媒/ナノダイヤモンド触媒は、多くの官能基と異なった表面特性と電位特性による電位差により電荷移動(Charge Transfer)が起こり、酸化還元反応によってウイルスなどを分解・消滅・不活性化する事が確認されています。この作用機序は、新型コロナウイルスの変異株に対しても有効であり、破壊し続けていると考えられています」

更に詳しく知りたい方は以下のリンクをご覧ください
http://www.zero-sengen.com/performance/performance_0506

こちらの抗ウイルス抗菌コーティング『NDコート』は小田原ハウジングでも施工取り扱いをしております。
ご要望の方はHPお問い合わせページ、またはフリーダイヤルよりお問い合わせくださいませ。

Scroll Up