木で建てる

戦後の日本に植えられた木々が、今収穫時期を迎えています。

この時期に木々を計画的に伐採し森を育てる必要があります。

そうする事で森は光を適度に内側に入れる事ができ、健康に育ってゆきます。

切られた木々には二酸化炭素が吸収され、固定されていきます。

木造を建築する事は、温暖化対策の一つに挙げられているのです。

小田原 亮介

Scroll Up