地震②

日本のどこにいても、大型の地震には注意が必要です。

耐震基準だけでは、住宅を完全に守る事はできません。

1981年に施行された新耐震基準は「震度5強程度の中規模地震では軽微な損傷、震度6から7に達する程度の大規模地震でも倒壊は免れる」というものです。

倒壊は免れても、外壁などに多数の損傷がある場合、ほとんどの火災保険や地震保険では全てを賄う事が出来ず、家を守る為に多額の修繕費がかかる場合が多くあります。

小田原ハウジングの扱う「0宣言・クアトロ断熱の家」は地震に対しても非常に効果的な住宅です。

是非、確認してみてください。