情報の選択を

広島でもコロナ感染が身近になってきました。

見学会は完全予約制で各時間帯1家族様、手袋・マスク着用で開催しておりますが、

ご心配な方は来られなくてもオンラインで見られるよう、YouTube動画Instagramのライブ配信、Zoomなど、時代に合わせてWebツールを活用しています。

今まで紙で郵送していたチラシも、LINEでの配信のみに切り替えることができるようになりましたので、スマートフォンでご覧のお客様はぜひ画面下部のLINE友だち追加ボタンをタップして小田原ハウジング公式を友だち追加してください。

ペーパーレスで環境にもやさしくと考え始めた取り組みですので、ぜひご協力を宜しくお願い致します。

コロナウイルスの流行は社会に大きな変化をもたらし、インターネットやSNSがより広く活用されるようになるとともに、情報を選択することも難しくなっていると感じます。

家を買うのにも情報が氾濫しすぎて、迷子になってしまっている方もたくさんいらっしゃる様子です。

数値や性能にこだわることも大切ですし、口コミを検索するのも悪くないと思いますが、インターネットに載っている情報のすべてが自分にとって正しいとは限りません。

私自身も、何を買うにもまずはスマホで検索し、口コミを調べ、それでも決めきれないときには販売店に行って現物を見たり、試したりして決めます。

車を買うときも、日曜品を買うときも、飲食店に行くときも、日常的にSNSやインターネットで情報を集めます。回転寿司でデザートひとつ頼むのにTwitterでクチコミ検索したときは、我ながら病気かと思いました💦でも、デザート名にハッシュタグをつけて投稿している人が実際にたくさんいるんです。注文して、実際に食べてみると、書かれているクチコミと違うように感じることもままあります。クチコミは、人の感覚や環境条件に大きく左右されるもので、それが正しいと感じる場合もあればそうでない場合もあり、あくまで参考にしかならないという事を念頭に置かなければなりません。

インターネット情報の良いところは、手軽に最新の情報が手に入るところです。ただ、発信者がはっきりしないものも多いので、信じるかどうかは自分で決めなければなりません。

昔は何か調べるには、図書館に行って関連しそうな本を読んでみたり、新聞記事をあつめたりしていましたよね。昔は、本を書いたり、何かを人に伝えたり、情報を発信することのできる人は一部の専門家だけでした。だからこそ活字の情報は正しいと多くの人が信じてきたのだと思います。

活字になったものをそのまま受け入れる癖のある方ほど、ネット情報迷子になってしまうようで、63になる私の母も「あなたの勤務先、評判が良くないようだけど大丈夫?」というLINEを送ってきました。

インターネットでは、誰もが匿名で情報を発信することができます。匿名で発信した情報に、発信者は責任を負いません。

情報迷子になったなら、一度全ての情報を捨てて、事実や条件だけを整理し、あとは自分の感覚を信じるしかないと私は思います。

人間同士なら会って話したり観察したり、物ならカメラ越しではなく触れて感じてみるのが一番だと思いませんか?

そうして自分が選択したものならば、手に入れて後悔は無いはずです。

家を買うにあたり、完成見学会はその貴重な機会です。残り13日日曜日16時~17時の1枠のみとなりましたが、0宣言の家に興味のある方は0120-927-793までお問い合わせください。

さて、最近さぼっていた趣味の釣りをちょっとだけやってきました。

潮も悪かったので、竿を振って海を見ている時間を過ごすだけのつもりでいたら、

マダコが釣れました。

もちろんその場でひっくりかえして持ち帰りさせていただきました。釣れたものはキャッチアンドイートしなければ。

Scroll Up