解体工事から

先日解体業者に値引き交渉をしたところ、「産廃費用が上がっている為なかなか厳しいんですよ、

解体費用を下げたいならまずは皆がゴミの分別、ゴミを減らす努力をして下さい」と言われました。

どうやら年々ゴミの量が増え、処分場がいっぱいで分別などの人件費もかさみ、処分量が上がり、

解体費用が高騰しているそうです。

結局は自分たちのツケが回ってきたという事でしょうか。

おそらくこれからまだまだ産廃処理費用は高騰していくかと思います。

日本で1年間に出されるゴミの量はおよそ5億トンです。これは1ヶ月に東京ドーム約1,000杯分にもなるそうです。

また、その中で何かに利用(リサイクル)されているものは、たったの4%との事です。

ゴミを出さない事が、非常に重要なのだと思いました。

SDGsじゃないですが、住宅も長く使えるものが必要とされています。

安心して長く快適に暮らせる家が必要です。

小田原 亮介

Scroll Up