古民家リフォーム

image

呉市音戸町某所の風景です。

この辺りは大きな古民家がたくさんで、この美しい建物が、風景が、この先も残っていって欲しいと思いました。

F様には、すばらしい古民家を見せていただきました。

なんでも、何十年も前にお祖父様が購入し、曳家で数十キロの距離を移動させて持ってきたお家なのだそうです。

城をも動かす日本の曳家技術は世界一!と、山中建築士が言っていたのを思い出します。

知る限りで築60年は越しているとのことで、もちろん断熱材なんて入っていませんが、

基礎は本物の石、床下も湿気が無く、土壁が、無垢の木が、断熱や調湿の役割をしているようです。

長年、空き家になっているにもかかわらず、匂いも無く、

新建材でのリフォームが入っていない部分の方が汚れも劣化もないので、

もとが良いものは、年数が経っても良い!とあらためて思いました。

小田原ハウジングでは、古民家の大規模リフォームの施工事例もあります。

興味がおありの方は、まずはマリーナホップのショールームで施工例集をご覧ください!

Scroll Up