快適なおうち時間を

先週から猫がうちにいます。

きき(茶トラ・♀ 7ヶ月)もとノラ猫です。本通りの保護猫カフェで出会い、うちにくることになりました。

コロナウイルスのせいで学校が休みになった子供たちが家でひまを持て余していたので、

以前から子供たちが言っていた、猫を飼いたい!をこの機会に実行することとなりました。

このききちゃん、あんまり人になれておらず、まだ多くの時間をリビングのすみっこのケージで過ごしています。

毎日あいさつ代わりに「シャー!」してくれます。家族ひとりにつき一日3シャーくらいの割合でシャーしてくれます。

かと思えば、遊び好きで食いしん坊で、猫じゃらしとちゅーるに目がない、

シャーするわりにはおそるおそる撫でるとゴロゴロ喉をならしたり、かとおもえばガブリとやられたり。

気まぐれで猫らしい猫だな~と。

子供たちも、毎日ききちゃんのツンデレに一喜一憂し、我が家ではききちゃんのおかげで楽しいおうち時間を過ごしています。

皆さんはどんなおうち時間を過ごしておられるでしょうか。

家にいる時間が長くなると、イライラする!そんな方も少なくないと思います。

じつは0宣言の家には癒しの効果もあります。0宣言の家に入った人の脳波を測ると、他の家に入った場合と比べて緊張・ストレス状態を示すβ波が減少し、リラックス状態を示すα波とθ波が上昇することがわかっています。

また、全国で5000件の家を調査した結果、0宣言の家に住む人は、その他の家に住む人と比べて休日の在宅時間が長いこともわかっています。

昨日のニュースからすると、もうしばらく緊急事態が続きそうです。

たくさんの方が、大切な家族と快適なおうち時間を過ごせるよう願っています。

Scroll Up