資料請求

ナチュラルシンプルモダン 安佐南区 S様邸

コンセプト

友人の多くが小田原ハウジングで家を建てたという経験を持つS様。

ご主人は『肌ざわりやにおいが他の家とは違うのがわかる』という娘さんたちの言葉に

『0宣言の家』への信頼度を高め、木が好きな奥様も同意。

ご主人と長女が花粉症で、長女が以前食物アレルギーを経験したこともあり、

奥様は日ごろから家族の食事づくりに配慮。

『今後家族が健やかに暮らすため、食事と同じように建てる家の素材にもこだわりたい』と、

同社で家を建てる事を決意した。

S様は構造見学会に5~6回参加したり、他社のモデルハウスを見るなどして良いアイデアを学び、

家を建てた経験のある友人のアドバイスも取り入れながらプランニングを進行。

吹き抜けにしたかったダイニングは、構造上難しかったことと、エアコン効率を考慮したことから、

和室とキッチンの天井高よりも窓一つ分だけ高くして視覚的に開放感を創出するなど工夫を凝らした。

リビングとダイニングは折り上げ天井にして緩やかに仕切り、小上がりの和室、収納の確保、蓄熱暖房器導入などの要望をプランに反映させていった。

完成した家は想像以上に快適な家族の和み空間。無垢材と漆喰壁に囲まれ、夏のエアコンと冬の蓄熱暖房器をファンと併用しながら通年快適な住環境を実現。

エアコン効率を高めるため、2階ホールの壁には開閉可能な柵も設けた。

冬は寒さが厳しい地域だが、冬が苦手な奥様も室内はほんのり暖かいためスリッパなしで生活できているという。

そして、以前との変化を最も自覚しているのがご主人。

『早寝早起きが当たり前にできるようになりました。この家の空気が人間本来の生活リズムを取り戻してくれたのかもしれません』と

驚きを隠せない。

今までは感じなかった出張先のホテルの空気感やにおいにも敏感になったそうだ。

 

 

施工データ