資料請求

Performance -性能-

「クアトロ断熱」

住まいの快適さを決めるのは、温度、湿度による室内環境です。その環境を守るために重要なのが断熱です。
断熱材の役割は夏涼しく感じる家を造ること。そして冬暖かく感じる家を造ることです。
温度計に記されている数字が大切なのではなく、『住む人が心地よく感じること』が大切です。
その為には断熱性能が高いだけではなく、湿度を安定させる断熱システムでなければいけません。
小田原ハウジングは、遮熱、断熱を徹底的に研究し開発されたクアトロ断熱を採用しています。

特徴


遮熱 断熱 調湿 透湿

高い省エネ効果
ヒートブリッジ現象による熱損失が少なく、冷暖房効果が大幅に向上。
耐久性の向上
壁内結露の発生を抑え、構造体の耐久性をさらに高めます。
健康的な住まい
結露の発生を大幅に抑制し、喘息やアトピーの原因とされるカビ・ダニを低減。
全室均一な温度
内部の壁面温度のムラが少なく、快適な室内環境をつくりだします。

クアトロ断熱の構造


con13
遮熱×断熱×調湿×透湿という4つの特徴を兼ね備えた理想的な断熱システム。
家の寿命を短くする原因は、見えない壁内で起こる結露。
長く、安心して快適に住める家には、壁内の断熱材に加え、構造体の外側にも断熱材を設置することが重要です。
「0宣言の家」では、抜群の調湿性を持つ内部熱材、南極昭和基地にも使われる外断熱パネルにプラスして、遮熱効果の高い塗料を外壁の仕上げ材として使い、外断熱パネルに熱を伝える太陽熱をカット。
壁内の急激な温度差をなくし、内部結露から家を守ります。

Q値=1.69以下


Q値とは、一般的に熱損失係数といわれているもので、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。
熱損失係数は、外壁や天井・床などの各部位の熱の逃げる量(熱損失量)を計算し、各部位の熱損失量を合計したものを延床面積で割って計算します。
つまり、室内外の温度差が1℃の時、家全体から1時間に床面積1㎡あたりに逃げ出す熱量のことを指すので、もちろん小さければ小さいほど
熱が逃げにくいので住居性能がいいとされています。