資料請求

Environment -環境-

「無垢の木の家」

小田原ハウジングの床、そして天井は全て無垢の素材を採用しています。
家の中に一歩はいると、暖かな心地よさを感じます。
それは、無垢の木が家族と共に呼吸をするからです。
裸足で暮らすことが一番気持ちよい、そんな住まいを提供しています。

”あたたかみのある、無垢の床材”
con2_1
小田原ハウジングの家作りに欠かせない素材のひとつ、無垢の床材をご紹介します。
一般の戸建て住宅やマンションで目にする「フローリング」は、
ほとんどが薄い木の皮を接着剤で何枚か貼り合わせた「ベニヤ板」の表面に薄い木の皮を貼って製品化されています。
あなたが特に指定しなければ、通常は何の説明もなく合板フローリングが使われるでしょう。
あなたには、その長所も短所も知らされることもないままに、です。
「選ぶ」のは消費者であるはずなのに、情報がなければ正しい判断はできませんよね。

「合板フローリングを選んで得られるメリット」

・大量に生産できるので価格が安い
・模様が均一で、反りが少ない
・大手のハウスメーカーが使っているという安心感がある

「それと同時に得ることになるデメリット」

・呼吸(調湿)しないので、夏は素足だと汗でベトベトする
・冬は裸足で立っていられないほど冷たい
・湿気や紫外線によって劣化が激しく、ベコベコになってしまう
(建物の寿命の前に張り替えが必要になるでしょう)

自然素材の床材は、アメリカやヨーロッパでも家具の材料としても古くから好んで使われ、日本でも家具屋さんのパインやウォールナット材の家具コーナーは特に人気です。 無垢の木の内装に囲まれた部屋で深呼吸してみると、穏やかな木の香りが鼻孔から全身にひろがります。目をつぶれば、まるで森林浴をしているような・・・。天然の木には癒し・アロマテラピーのような効果があるんです。これは、木の香りに含まれる「フィトンチッド」という成分が、抗菌・殺菌・鎮痛などの作用があり、心身をリフレッシュ&リラックスさせる効能があるからです。言葉で書くと難しいですが、その空間にいれば誰もが感じられると思います。無垢の木は断熱性に優れており、なんと鉄の約265倍もの断熱効果があります。真夏に直射日光を浴びた車のボンネットを想像してください。玉子焼きが作れそうなほど熱くなっていますが、木は直射日光浴び続けても、これほど熱くなりませんよね。そのおかげで、体から熱が奪われないので、冬でも素足でいられるんです。また、無垢の木には天然の調湿効果があります。木は呼吸しています。湿気を吸ったり吐いたりするんです。夏の素足の快適さは、このおかげです。

ちなみに、小田原ハウジングでは無垢の素材をそのまま味わって頂きたい為に、自然素材の良さである、調湿性は失わずに表面の汚れ、シミなどから守ってくれる自然素材ワックスを塗装後お引渡ししております。

「無垢の内装材によって得られる喜び」

con2
・毎日、森林浴効果を実感できる
・室内に自然な調湿効果が得られる
・アトピーアレルギーの心配が少ない
・子供の環境にもとても良い
・自宅なのに別荘気分を味わえる

「無垢材の悪いところ」

・温度・湿度の変化で膨張したときは床が反る、乾燥して収縮したときは継目部分に隙間が空く
・パインは柔らかいので、傷がつきやすい
・100%自然素材なので、木目の柄、色が印刷したようには均一ではない
・無垢は合板に比べて通常金額が高い

無垢の素材に関して、お客様から質問されるNO.1は、無垢の床って良いんだけど、子供がまだ小さいので、汚しそう、傷がつきやすいのではないか?と言うのがあります。しかし傷がつきやすい柔らかい性質は、膝や腰にもやさしく、小さな子供がころんだりしても安心という一面も持っています。 確かに白木なので汚れないと言えばウソになります。傷や収縮による隙間がひどく気になる方には、無垢材はおすすめできません。細かなキズは、ペーパーで擦ればキレイになってしまいます。無垢は削っていっても芯まで本物の木ですから、どうしても傷や汚れが気になるようなら、表面をカンナで薄く削って再塗装すれば、新品同様に生まれ変わります。費用も、合板フローリングの張り替えよりも、ずっとお安くあがりますよ。やっぱり無垢ってスゴイですよね。 使い込んだ革の小物のように、時を重ねて美しさと愛着が増していくところが無垢材の魅力です。

”カナダ産ウェスタンレッドシダー”

当社ではウェスタンレッドシダーを採用する場面があります。カナダで、樹齢150年以上を経た原生林のみからとれる本物のウェスタンレッドシダー。現地では、『命の宿る木』と言われています。私たちは、ログハウスやティンバーフレームはもちろん、一般木造住宅でも、外部に露出させる部分は、レッドシダーを使用しています。ウエスタンレッドシダーは、日本では「杉」に似ていることから「米杉」と呼ばれていますが、ヒノキ科ネズコ属に分類されています。要するに、日本のヒノキとは比較にならないくらい年輪が詰まったヒノキです。 年輪が詰まった「ヒノキ」は、割れやねじれが少ないばかりではなく、驚異的な耐久性があります。カナダの先住民の人々は、生活の様々な場面で使われるこの木を「生命の木」と呼んできました。耐久性が非常に高く、加工性も良いこの木は、カヌーやトーテムポール、収納箱や儀式のお面など色々な用途に利用されてきました。建材としての卓越した様々な特性と美しさを兼ね備えたウエスタンレッドシダーは、今日に至るまで、その類まれな美しさで住宅や商業建築物に温かさ、特色を与え、また、長寿の建材として、世界中の建築家や職人たちに選ばれています。

主な特徴

天然の耐腐朽性
ウエスタンレッドシーダーは、針葉樹の中で、最も優れた耐久性を持っています。この天然の耐久性は、主として含まれているツヤプリシン(thujaplicins)という多くの木材腐朽菌に対して、水溶性のフェノリックス(phenolics)が耐久性を高める役割を果たしています。
音響効果
ウエスタンレッドシーダーは、振動を吸収する特性を持つため、パネルやデッキ材に使用して雑音を減少、または、閉じ込めるのに大きな効果を上げることができます。その一方、優れた音の共振性を示す柾目の薄い板は、楽器に適しています。
寸法安定性
ウエスタンレッドシーダー材は、その低密度と低収縮性のため、寸法安定性に優れています。その要因としては、ほとんどのカナダ針葉樹の繊維緩和点が25~30%であるのに対し、シーダーは、18%~23%と低いことが挙げられます。このため、湿度の変化に対する収縮膨張率は、極めて低いのです。
再生可能資源
厳選されたレッドシーダーは、カナダでも希少価値の高いものです。経年変化に伴う乾燥収縮が細胞密度を高め、建築後100年程度で最も強度が高くなるといわれています。そのため、リサイクル古材として十分利用できる木材です。
保温と断熱性
ウエスタンレッドシーダー材は、その低密度のため、高い断熱性能を持っています。市場に出ているほとんどの針葉樹の中で、最も断熱効果に優れており、レンガ、コンクリート、 鉄鋼と比べた場合、突出した効果を上げています。
火炎伝播率
火炎伝播率は、67~73(等級2)で、煙拡大度は、98となっております。ウエスタンレッドシーダーの火炎伝播率と煙拡大度は、米国とカナダの建築基準法に定めらている最大許容範囲をはるかに下回るものです。