資料請求
トップページ > BLOG > 企画課ブログ
企画課ブログ

2019.01.01

猪突猛進!?

平成31年がやってまいりました。

今年も、昨年同様よろしくお願い致します。

今年はイノシシ年。

精一杯、イノシシのように目的に向かって猪突猛進で・・・!

 

と書こうと思って、念のためこの言葉を調べてみたら、

「周囲のことを考えずに、一心不乱に目的向かって猛烈な勢いで突き進むこと。」

いろんな見方はあるのかもしれませんが、基本的には

あまり周辺の状況、先の見通しを考えずに、とにかく目の前の目的だけのために

全精力を使ってことを行うこと・・・・という意味のことが書いてありました。

いやいや、それはいかんいかん!

 

今年は、消費税アップの年。いろんな情報を的確に捉えて、状況を分析し

そして、お客様一人ひとりの状況に一番適した道筋を見据えて、

そして、それからそれに向かって、精一杯頑張る。

周りが騒がしい時ほど、しっかり周りを静観する度胸をつけないと。

イノシシさんの言葉調べてたら、今後のいろんな気構えを考えることが

できました。

でも、頑張るときは後先考えずに精一杯頑張れる気持ち、そして体力、

これは持ち続けないといけない!と

最近、出てきたお腹を眺めながら今年こそジョギングを始めるぞ!

と、心にきめながらお雑煮を頬張るお正月です。

k.o

 

 

 

 

2018.10.08

秋色

毎週のように「猛烈な!」とか「超大型の!」なんて

形容詞のついた台風に、おどおどしていた週末が続いてましたが

ひさしぶりようやく思い切り深呼吸したくなるような、ほっこりした秋晴れです。

 

日差しも、雲も、草花も、ようやくなんとなく周りに秋の色がにじみ始めました。

この季節、カメラもってお散歩してたらあっという間に日が暮れてしまう。

そんなほっこりした贅沢な一日過ごせる季節がようやく来てくれた気がします。

だからお願いだからもう今年の台風は終わりにして!

k.o

2018.09.23

見上げた天井の記憶

アッという間に9月も終盤。

TV番組も編成期となりいろんな番組が最終回をむかえています。

何をかくそう、私はNHKの朝ドラの大ファンでありまして、

実は3月と9月のこの時期が大嫌い。

半年見続けた主人公や個性的なキャストたちとお別れするのが淋しくて淋しくて。

今回の“半分青い”のすずめちゃんや律クンも秋風先生も大好き。

 

このドラマの中で私が好きなシーンがあります。

主人公のすずめちゃんが生まれて育った実家の天井の木の木目模様が

子供の頃のすずめちゃんには龍の姿に見える。

失恋、仕事の挫折、結婚、出産、離婚と人生経験を経て実家に帰って

いつもの部屋にあお向けに寝転んだ時、天井に今もそこには龍がいるのを見つけるシーン。

 

長い時間が経ち、時代が変わって、人が子供から人生経験を経た大人になっても

お家って、何も変わらずにそこに居続けてくれて、昔の記憶をとどめさせてくれたまま

あたりまえのように家族を迎えてくれる。

 

消費の時代、古くなったら壊してしまう、積み重なる時間も記憶もリセットされる。

そうして時間も経験も後悔も次世代に継がれることなく、新品のツルツルの時代が

いつの間にか始まっていく。

 

この夏の豪雨災害は、いろんな失ってはいけないものの大切さを気付かせてくれました。

そろそろ、あたりまえのように永くとどまっているものの 有難さ や あたたかさ を

大切にするモノ作りを考えていきたい。

 

主題歌、星野源さんの“アイデア”を聞きながらそんなことを考えてしまい・・・・

そして、お腹もすいてこんなものが恋しくなる、そんな秋が始まります。

k.o